軟弱地盤、液状化対策にも免震装置のいらない「SP免震基礎工法」 株式会社ブレードパイル北海道

株式会社ブレードパイル北海道

お電話でのお問い合わせは0133-74-5118

インターネットでのお問い合わせはこちら

地震の揺れを受け流す SP免震基礎工法

企業理念

『事業を通じて社会の安全と安心に貢献する』
bDパイルを使った『SP免震基礎工法』の普及促進を
図ることにより、家族の暮らしに安全と安心を提供する。

あいさつ

bDパイルは1995年の阪神淡路大震災を契機に開発された国土交通大臣認定工法の
回転埋設鋼管杭です。

2000年の発売から東日本大震災前まで、東北6県で1,098棟の住宅等へ採用されてお
りましたが、2011年3月11日に発生した東日本大震災において図らずも免震効果が
証明され被害はありませんでした。

地震列島である日本に住んでいるかぎり今、大地震が起こっても不思議ではありません。

過去の大地震により多くの尊い人命と財産が失われました。
人は、この自然の脅威に対し知恵を働かせ、今日では費用さえかければ耐震化、免震化工事も
可能な技術は進んでいますが、費用は決して小さくありません。
弊社は人々が手に入れられるコストで、地震という自然災害への不安を少しでも取り除き、生命と
財産を守ることが企業使命であると考えています。

会社概要

商号
株式会社ブレードパイル北海道
代表者
代表取締役 竹田 常幸
所在地
〒061-3241
石狩市新港西2丁目786-1
TEL 0133-74-5118
FAX 0133-77-5483
設立
2015年4月1日
資本金
9,000,000円
業務内容
ブレードパイル・bDパイル(国土交通大臣認定工法 回転埋設鋼管杭)
bDパイルを使う「SP免震基礎工法」の販売・施工
主要仕入先
(株)双日建材 (株)プレスボード
日本ブレードパイル協会
主要販売先
旭建材(株) 旭川プレカットセンター
地場ビルダー 工務店
取引銀行
北洋銀行 花川北支店